超有名全国区塾の儲け主義についていけなくなりました

子供が中学生(12歳)になり、「とにかく高校受験だけは確実に乗り切ろう」と親子で話し合いました。

 

とびっきりのエリートになって欲しいわけでもなく、本人的にも興味のある分野が確定していたので確実に点数を獲得できれば高校→大学とスムーズにいけると解っていたからです。

 

また、受験前に進路変更をしたくなったときにも慌てないためと本人にも覚悟をさせました。
ただ覚悟したとはいえ、小学生が多めの宿題をこなすのとは異なるペースで頑張らないとダメだということが早々に解り、塾に行かせることも検討しなくてはいけないかと夫婦で相談も度々行ったものです。

 

そんな時に子供がテレビコマーシャルで見かける全国区有名塾のパンフレットをもらってきました。
中学校の校門前で登校の際にもらったとのこと。

 

おまけに消しゴムも配っていたので、子供は喜んで受け取ったようです。
そこには中学生の1年生だったら週2回の受講で高校受験対策は賄えると書いてありました。

 

入塾料と教材費が別途かかりますが、月に2万円程度です。
ここだったら近いし、部活動に参加している子供にも負担なく通わせられるかもしれないと本気で考え始めました。
個人授業スタイルもありますが、うちは集団授業を選択。

 

下の子も間もなく中学生になりますが、2人一緒に通わせてもこれくらいだったら大丈夫かなと感じる費用感です。
無料体験授業というものに申込み、中1の期末テスト直前から通い始めました。

 

さすがに今回の期末テストには効果が現れないだろうと思っていたのですが、先生から親が言う勉強の大切さとは異なる観点でアドバイスをもらったようでヤル気満々。

 

思った以上の点数だったので、「やっぱり塾には意味がある」と納得しました。
ただ、その後に夏休み用の講習、テキスト、合宿の案内などのオンパレードがスタート。
もちろん、どれも参加をすれば別途お金が掛かります。

 

全てが万単位ですから、我が家にとっては気軽に「やってみようか」と言える金額ではありません。
そこで家族会議です。

 

親としても正直に、「月々の塾料以外にこんなにも掛かると無理」と子供に言いました。
他の先輩ママによると3年生になるともっとあれこれと嵩むようなのです。

 

すると子供は「もう勉強の仕方は解ったから、特別な講習は行かない」と宣言。
塾に行けば学力は培われますが、それだけ出費が嵩んで肝心の受験費用や入学以降の生活が儘ならなくなるのは心外です。

 

塾が発信する情報、宣伝の何が必要なのかは子供それぞれなんだと思います。
塾とどんなふうに係わり、利用するかを最初に決めておくことは大切です。

 

冬になるとクラスで風邪が蔓延しました。
スタディサプリの方がいいかもと季節限定で利用できたらいいかもしれません。

 

でも、子供としては塾に行って授業を受ける方が刺激になっていいと言っていました。