塾選びはできるだけ近くの塾が子共にとっては良いかも

私は現在、子供を塾に通わせていますが子供を塾に通わせる上で重視していることは自分の家からどのくらいの距離にあるかです。

 

塾というのは比較的都会であれば駅前に多くありますが、幾分、人通りが多いので子供に何かがあってもすぐに対処できないうえに、小学校から中学の終わりまで塾に通わせるとなると、距離が遠いと子供が塾に行きたがらなくなります。

 

私の場合は都市部に住んでいるのではなく郊外に住んでいますので比較的、住宅街の中に塾があります。

 

私の子供は11歳になりますが、10歳の時から塾に通わせていますが不満を言われたことはありません。私自身塾に行っていましたし、何で塾に行きたくなくなるかも分かっていました。

 

塾に行きたくなくなる理由は、時間を拘束されることによる自由時間の少なさです。勉強ばっかりするのですから自由に使える時間は少なくなります。

 

よく名門の塾に行くのに1時間以上かけて行っている子供もいますが、いくまでに疲れてきて勉強をする頃には疲れ果ててしまい勉強なんてどうでもよくなるといったことになります。

 

私もこの遠くの塾に行きつかれてしまい勉強どころではなくなった経験があるので私は、自分の息子にはそれを味あわせたくないので近くの塾にしました。

 

私が子供が行く塾を選ぶ際に選んだポイントは論理的に物を考える思考方法を教えてくれる塾かどうかと言うことで塾を選びました。

 

塾で試験のポイントのみ教える塾ははっきり言って子供は伸びません。ですから、私は子供が自分から学んでいく姿勢を重視し論理的な思考ができる塾である個別指導型の名講義個別指導塾スタンダードにしました。

 

この塾では子供一人ひとりを教えてくれ、何よりも論理的思考と受験のポイントまでを教えてくれ、なおかつ進路相談をしてくれるので助かります。子供がどんな学校に行きたいかを聞いたとき学校の先生ではあまり、学校の情報に詳しくない人が多かったので学校の情報に詳しい塾の方がいる所のほうが学校より信頼できます。

 

個別指導塾スタンダードも大抵駅前にありますが、何故か私の所ではすぐ近くのバス停にあり便利です。できるだけ子供が通いやすい塾であり、かつ学ぶ姿勢を重視してくれる塾のほうが長続きするように感じます。

 

塾はおおくありますし、次から次に乗り換えても良いのですが結局は本人のやる気と塾への行きやすさがすべてのように私は感じます。中学に入り部活をするようになると、塾に行くにしても塾に行く回数を減らしたりしなければいけませんからね。